投資被害・金融商品の被害の種類

悪徳投資商法は次々と新しい被害を生み出します

悪徳商法は次々と現れます。

一時は先物取引の被害が多数あり、ようやく努力のかいあって、法整備が進んでくると、次はロコ・ロンドンの被害になり、それが収まってくると、次は未公開株です。

たいがいは一般庶民には理解不能な仕組みだったりします。

そのため、「もしかして本当に儲かるのかも」と思ったという方もいらっしゃるでしょう。もしくは、断っても断っても電話をかけてきて根負けしたという方もいるかも知れません。

今後も新しい投資商法は出てきます。

投資をする前に、その商品がどのような仕組みなのかは知りましょう。


既に被害に遭われた方は、少しでも被害が回復しないのか相談してみてください。

投資商品の種類

このページの先頭へ