相談のお申し込みと当研究会の事件受任の流れ

相談のお申し込み

メールフォームで被害状況を送信していただく方法、相談票を印刷し記入してFaxで流していただく方法があります。

 Webサイトから送信

個人情報などかなり入力していただく部分があります。弁護士は守秘義務を負っています。当然に秘密は厳守します。

相談票のメールフォーム(別ウィンドウで開きます)


 相談票のFax

PDFまたはワードによる相談票をダウンロード・プリントアウトして,事件の基本情報を記入した上で,事件受任事務局のFAXナンバーに送信

相談票(PDF)     相談票(ワード)

事件受付Fax番号:事件受付担当弁護士へFaxをお願いいたします。
          事件受付担当弁護士のFax番号はこちらから

※注
  (PDF)はPDFファイルです。PDFファイルはアドビリーダーがコンピュータにインストールされていることが必要です。アドビリーダーはこちらから無料でダウンロードできます。
  (ワード)はMicrosoft Wordのドキュメントファイルで、コンピュータにMicrosoft Wordがインストールされていることが必要です。


 受付に関するお問い合わせ

受付に関するお問い合わせは下記にお電話ください。

受付番号:03-3556-3607

受付時間:10:00~12:00、13:00~17:00

受付の日:土日祭日を除く平日(夏季休暇、冬季休暇も除く)

事件受任までの流れ

1.相談弁護士の決定

FaxまたはWeb送信で相談申し込みをしていただいた後,事件受任事務局が相談弁護士を決定し,相談担当弁護士から連絡をさせて頂きます。

              ↓

2.相談日時の決定

その上で,担当弁護士と相談して,相談の日時を決めて下さい。

              ↓

3.弁護士との面談

通常は,主に担当となる弁護士の事務所で相談すると思いますが,都合により弁護士会等で相談することはあるかもしれません。その際,なるべくお手持ちにある限りの関係書類等の客観的資料をご持参下さい。また,直接被害を受けたご本人でないと事情聴取ができませんので,家族の方が同行されても結構ですので,被害者本人が出席されて下さい。
相談料は原則として30分5000円(消費税別)です(詳細は相談担当の弁護士にご確認下さい)。

              ↓

4.受任契約の締結

相談を受けた担当弁護士の方で,事情聴取時に当該事件の事実経過,違法性,事件性の有無,被害回復の見込みや緊急性等々を検討させて頂き,弁護士による事件処理が必要と考えられる場合には事件を依頼されるかどうか,また費用の金額と支払方法等について御相談させて頂き,事件処理を依頼される場合には受任契約を締結することとなります。

              ↓

5.担当弁護士との相談

その後の個別事件の詳細や見通しについては,担当弁護士(原則2名)との間で,相談して説明を受けて下さい。

このページの先頭へ